成果のあがるホームページ制作案内。seoの導入

ホームページの制作会社によって、成果は違ってきます!どこの制作会社に依頼しても同じだと思っていませんか?大阪、東京には現在多くのホームページ制作会社がありますが、強みは様々です。これから作ろうとしているサイトの強みを生かすことができる企業に依頼しましょう。

TOP > ホームページ制作 > seo > seo大阪 > seo対策

目次

  1. seo
  2. 王道のseoで対策を進める
  3. seoでのRankBrainの解釈
  4. テーマで対策するseo
  5. seoマーケティングの移り変わり
  6. seo対策にコンテンツやサイト数を増やすメリット
  7. seo対策で必要なポイント
  8. ペンギンアップデートでのseo対策
  9. seoでのペンギンアップデートの対象になるサイト
  10. seoをペンギンアップデートにより改善させること

seo

近年、ITの分野の中でも特に注目されているのがseoです。
seoは自分のサイトにやってくる訪問者を増やすための手法のことを言います。
seoは手順通りに行なえば良いというものではありません。

そのため、検索エンジンにおける順位を上げるにはかなりの知識が必要になりますし、またそのための環境も必要になってきます。
自分達だけでseoを行なうのは難しいと感じている人も多いようです。

そのため、seoを専門に行なっている業者に依頼する人も少なくありません。
最近はその傾向がより強くなっております。しかしながら、自社でもできると信じている方が多いのも事実です。

SEOの考え方、仕方を勉強する、相談するならSEO対策FOAです。http://www.seo-foa.com/

王道のseoで対策を進める

被リンクを活用したり、もしくはコンテンツを充実させるなどという王道のseoで対策を進める事を検討する人もいる様です。王道のseoで対策というのは、すでに導入している人が多いと考えられますので、いい結果を出すまでに長い時間がかかるという事も考えられます。

しかしながら、検索エンジンの圏外になってしまう様なペナルティを受けにくい事が王道のseoで対策の利点であると思われます。どの様なseoで対策を進めないといけないという事は決まっていません。自分なりのやり方でseoを進める事ができます。結果を出す事ができればいいので、プロであってもすべての人が同じやり方で対策をしているという分けではありません。

seoでのRankBrainの解釈

グーグルは人工知能によってseoを行っていますが、この人工知能の根幹はRankBrainというアルゴリズムです。このRankBrainは検索エンジンに対して何かキーワードを入力した際に、単にそれを単語の羅列として解釈するのではなく、ユーザーがそのワードを入力した意図を読み取ります。

人間同士の会話でも、相手が何か言った際にはそれを単なる文字の羅列とはとらえずに、意味やその裏側の意図を考えます。 現在のseoでは、その作業を自動的に行っています。そしてこれは人工知能が勝手に学習して精度を高め、人間はアルゴリズムを改変します。

テーマで対策するseo

グーグルの新しいアルゴリズムであるRankBrainが話題となっています。このアルゴリズムは、人工知能システムを用いたものなので、より便利な検索結果が表示されると言われているのです。

したがって、これからインターネットサイトseo対策を施す場合には、適切なテーマを選ぶ必要があります。従来型のseoが効かなくなる恐れがあることをまずは認識するといいでしょう。最も多くのユーザーが利用しているグーグルが新たなアルゴリズムであるRankBrainを採用していると言われている以上、それに適したseo対策が求められています。

seoマーケティングの移り変わり

seoを利用したマーケティングが進化を求められています。seoは検索サイトでの表示順位を上げてくれる方法として重宝されてきましたが、AIを検索エンジン側で導入したことで状況が一変しました。

それまで効果があると考えられてきたキーワード偏重方式とも呼べるseoテクニックは対応できない状況となってきており、新たな方法の開発が進められています。しかし、キーワードがすべて意味がないということはなく、AIが重視する人間にとって意味のあるサイトであれば検索サイトでの上位表示ができています。そこでよりコンテンツの質が求められてきています。

seo対策にコンテンツやサイト数を増やすメリット

どの様なseoのメリットがあるか紹介したいと思います。 まず、具体的な内容を記載するコンテンツやサイトを詳細なコンテンツとサイト数分作ります。 これらは単純に検索者のワードに引っかかりやすくなります。

例えば、交通方法や地図等は多くのユーザーが一番利用する事を見やすい場所に記載しておくと非常に助かりますが、変わった経路等も記載しておく事でそういったユーザーの集客や検索も見込めるようになります。

電車でのアクセスが中心だからといってその方式しか記載していなければ、車や徒歩、バス等でアクセスするユーザーの検索や集客を逃してしまう可能性が高くなってしまうのです。またサイトの観点上、メジャーな物と詳細なサイトを分けることはユーザーからしても整理されてて見やすい形になります。seo対策とサイトの見やすさの観点の双方から見てメリットがあるでしょう。

seo対策で必要なポイント

seoとは検索エンジンの対策を意味します。ネットの利用者が、何か調べたいものや情報を得たいときは検索エンジンを最初に利用し、表示されるサイトの上から見ていくのが通常の動きとなるでしょう。

その上から検索される対象に該当するように対策をとることをseo対策と呼びます。例えば、大阪の観光地について調べたいとき、大阪という言葉が入っていなければ検索の対象になりませんし、観光という言葉も重要となってきます。そして、さまざまな人にリンクしてもらうことで、信用度や情報の価値が上がります。検索結果で上位にヒットし、アクセス数を伸ばすことを可能にするには、必要なことと言えます。

ペンギンアップデートでのseo対策

googleやyahooなどの検索エンジン内において、上位表示を意味するseo対策に用いられるものを、ペンギンアップデートといいます。スパム行為やウェブマスター向けガイドラインに大きく違反しているページは大きく順位を下げ、相対的に有益な情報を掲載しているサイトを検索結果の上位に表示することができます。

様々なポイントから質の良し悪しを判断して表示順位を変動させるパンダアップデートと比較されることもあります。このように様々な更新や対策が重ねられることによって、正しい情報に準じたウェブページの閲覧が可能となります。

seoでのペンギンアップデートの対象になるサイト

seoにおけるペンギンアップデートに引っかかるサイトはどのような記事を取り扱っているのかという点が、自分がサイトを運営している人にとってはとても気になる所かと思います。一つ目は内容がとにかく薄いサイトです。誰でも知っているような情報や、今さらな情報しか載っていないようなサイトは検索結果で上位にくるようなことがないように規制されやすいです。

二つ目はseoを意識しすぎた文章ばかりのっているサイトです。検索結果を上位にしたいがために様々な技術を駆使したサイトは引っかかりやすいです。検索で上位にくるようにするにはそれなりの知識を入手して、オリジナリテイのある文章を書けるようになる必要があります。

seoをペンギンアップデートにより改善させること

seoとは、インターネット上で検索をかけた場合に、検索結果の順位が上昇することを指します。しかしながら、検索結果の上位に内容が薄い無益なサイトが登場してくることが多いのがこれまでの状況でした。これを打破するため、グーグルはペンギンアップデートを実施し、検索サイトとしての品質を上げるようにしたのです。

日本では2012年7月に導入されましたが、海外の場合は、英語圏を中心にして2011年に既に導入されてきました。これにより、グーグルの利用者は検索結果に満足して、引き続き利用してくれるようになるでしょう。

seoについての記事

MENU

TOP ECサイト構築 ホームページ制作 seo検索エンジン最適化 seo大阪

googleのseo対策を搭載したホームページ制作、ECサイト構築をお考えなら、大阪、東京のseoに強いホームページ制作会社探しを始めましょう。

googleのseo対策を搭載したホームページ制作、ECサイト構築の情報は正確でない部分があります。その他の問い合わせはこちら

ページトップへ戻る