成果のあがるホームページ制作案内。seoの導入

ホームページの制作会社によって、成果は違ってきます!どこの制作会社に依頼しても同じだと思っていませんか?大阪、東京には現在多くのホームページ制作会社がありますが、強みは様々です。これから作ろうとしているサイトの強みを生かすことができる企業に依頼しましょう。

TOP > ホームページ作成 > seo > seo大阪 > seo対策 > seo対策のペナルティー

目次

  1. seo対策のペナルティー
  2. SNSを活用してseo対策
  3. サイト分析をしてseo対策!
  4. seo対策ではAIを理解することが必要
  5. seoを使ったラーニングサイト
  6. seoに適したコンテンツの規模を考える
  7. 対seoとしてペンギンアップデートを導入した理由
  8. 普通に更新すればseoでペンギンアップデートの影響はない

seo対策のペナルティー

もしある時に急激に順位が下がってしまった、というのであればもしかするとペナルティーの可能性も否定できないでしょう。

ペナルティーであるかどうかという事の判断は経験や知識が足りない人にとって、時に誤った判断をしてしまう事も考えられます。

最近行ったseo対策は特に問題はないだろう、と考えられる場合には、かなり前に行った対策が、アルゴリズムが変更になった事により、今になってペナルティーになってしまったという可能性も考えられますね。

長い間ホームページの運営を行っている人であれば、これまでに行ってきたseo対策に問題がなかったか、ちょっと思い返してみてはどうでしょうか。

SNSを活用してseo対策

自社のホームページを運営している人の中には、seoが欠かせないという事もあるかと思われます。またseo対策にはホームページ自体に行う方法ばかりではなくて、SNSを活用した方法もあると考えられます。

SNSは普段から使い慣れているという人も多い様ですので、seoをしやすいと感じる事もあるかと思われます。とは言ってもseo対策は更新をやめてしまっては効果を発揮しなくなってしまう事もありますので、SNSは一定の頻度で更新する必要があるかと思われます。

seoの中でもSNSを利用すると、たくさんの人に情報配信を行う事ができますので、大きなメリットが得られる事もあるかと思われます。

サイト分析をしてseo対策!

seo対策の施策の一つにサイトの分析があります。 サイト分析をしていくことによって、サイトの問題点を洗い出し、効率的なseo対策を図っていくことができます。

たとえば、サイトの問題点に滞在時間の短さが見つかった場合。 そのサイトのコンテンツはユーザーに全く読まれていない無価値なサイトであることがわかります。

Googleはコンテンツの量と滞在時間の長さのバランスなどを見ている傾向があるため、適当な文章で構成されているサイトで上位表示をすることは難しいです。 サイトの状況をしっかりと把握することによって、効率的な上位表示を図っていきましょう。

seo対策ではAIを理解することが必要

これからのseo対策ではAIを理解することが大切になります。というのは、これからの検索システムを作るのはAIだからです。これまでは、人が検索システムを作っていたので、この制作者の意図を考えることが大切でした。

ですが、これからは、人工知能がシステムを作るようにしていくようです。ですから、seoもこの人工知能がどういうシステムを作っていくのかを理解して対策をする必要性が出てくることになります。人工知能は常に学んで成長するので、seo対策もこれに対応して順応していくことが求められることになります。

seoを使ったラーニングサイト

ラーニングサイトはさまざまなジャンルがある中で注目が集まってきたサイトの一つです。人間にとって学ぶことはとても大事であり、有料でも人気があるサイトも多いです。しかし、競争が激しいことからsseoを活用したサイトが多くなっています。

しかし、検索エンジン側でAIを活用して検索順位を上げようとしてきたきたことで従来のseoテクニックだけでは対応できない場合が多くなっています。この場合、コンテンツの利用方法が特に重要となっており、seoを重視しながらも人間側に重要であることが求められており、作成方法が変わってきています。

seoに適したコンテンツの規模を考える

Webサイトを検索エンジンに最適化するには、いくつかのアプローチがありますが、近年の検索エンジンのアルゴリズムはコンテンツの内容を重視して評価する仕組みになってきています。

seo対策を施すには、seoの効果を引き出す為には、ある程度の規模のコンテンツに仕上げていくのが効果的とされています。

よく検索されるビッグワードや記事のテーマに合った特定のキーワードを使って記事を組み立てて、読み手が興味を持ちそうな内容にしていく事が重要なポイントです。 一方で、検索エンジンへの対策に拘り過ぎて、文章が長過ぎますと、読み手に読んでもらえない事もありますので注意しなければいけません。

対seoとしてペンギンアップデートを導入した理由

ペンギンアップデートを導入する前までは、たとえルール違反をしいても、スパム行為をしていてもアクセス数が多ければ検索の上位に入ることが可能でした。そうすると何が問題になるのかというと安全性がどんどん低くなってしまい、最悪パソコン本体にも影響が出るようになってしまいます。

また内容が薄いサイトや、情報の少ないサイトでも上位に来ることが可能で、そのため本当に自分が必要としている情報に辿りつくまでに多数のサイトを行ったりきたりしなくてはならなくなり、時間も料金もかかっていました。そういった使用する側の不便さを少しでもなくすためにseoで導入が決まりました。

普通に更新すればseoでペンギンアップデートの影響はない

影響が出てしまっているのは、ペンギンアップデートによって悪質サイトとして扱われて、結果的に検索順位を下げるべきと判断されたサイトです。スパムなどの問題が発生しているなど、明らかにseo対策としては問題とされている行為が確認されると、その時点で検索順位を下げられてしまいます。

しかし普通に更新しているだけでは、基本的に問題なく順位は上がることになります。これはペンギンアップデート自体が、悪質サイトを取り締まることを狙っているもので、一般的なサイトまで検索順位を下げるために使われていないのです。従って問題ない更新なら順位は徐々に上がります。

seoについての記事

MENU

TOP ECサイト構築 ホームページ制作 seo検索エンジン最適化 seo大阪

googleのseo対策を搭載したホームページ制作、ECサイト構築をお考えなら、大阪、東京のseoに強いホームページ制作会社探しを始めましょう。

googleのseo対策を搭載したホームページ制作、ECサイト構築の情報は正確でない部分があります。その他の問い合わせはこちら

ページトップへ戻る